城北運送のブログ@ドライバー募集中

富山県の運送会社、城北運送のブログです。

新湊きっときと市場の新鮮魚介でほっぺたを落としましょう♪

富山の活きが良くて獲れたての魚介を、思う存分頬張りたいなら、新湊のフィッシャーマンズワーフである、

新湊きっときと市場

がおすすめです^^!

 

他県の方はきっときとって何?

と思われるかもしれませんが、

きときと

は富山の方言で

「新鮮」

という意味です。

そして、「きときと」をよりハイテンションで表現する時は「きっときと」となります。

標準語で例えると「とても新鮮」ではなく「とーーーっても新鮮!」と言っているニュアンスです!

 

f:id:jouhoku_unso:20210216153949j:plain

出典:とやま観光ナビ https://www.info-toyama.com/spot/80032/

 

富山湾豊富な旬の魚介、名物のシロエビ!

 

とにかくこの市場が素晴らしいのは、ベニズワイガニホタルイカ、ブリなど四季折々の旬の魚介が勢揃いしていて、館内レストランではそうした旬の魚介を鮮度抜群のまま味わうことができます。そして、忘れてはならないのが、「富山湾の宝石」とも言われる白エビです。キラキラと光を反射して煌めく様はまさに「食べる宝石」と言ってもいいでしょう!

実は、シロエビ漁が成り立つほど、まとまった分量のシロエビを水揚げされるのは、日本ではここ富山湾だけなんですよ。

何が言いたいかというと、この場でシロエビを食べ損なうと、一生後悔しますよ!(大げさ?)

f:id:jouhoku_unso:20210216154003j:plain

 

 

きっときと亭でお刺身や海鮮丼を食らう!

新鮮な富山湾の魚介、持ち帰って調理するのもいいですが、やはりこの場所、新湊のフィッシャーマンズワーフでより鮮度の良い魚介料理を食べたくなりますよね。

新湊きっときと市場の中には、180席という十分な収容力を備えた海鮮レストラン、きっときと亭が併設されています。季節やその年の水揚量によって、おすすめメニューや内容は多少変動します。どれにすべきか迷ってしまう時は、ぜひシロエビ系のメニューをチョイスしてみてください。例えば、「白えびづくし御膳」なんていかがでしょうか?新湊で甘い甘いシロエビに溺れてみるのも良い思い出になりますよ。

 

全国的にも珍しい「昼セリ」見学

 

漁師関係者の朝は早いです。何より早朝5時頃からセリが始まってますから。しかし、ここ新湊漁港では早朝に加えて、午後1時から昼セリが行われます。これは便利、威勢よく活気溢れるセリを早起きしないでも見学できるんですね。きっときと市場内にある窓口でセリ見学の申し込みができます。料金は1人100円、夏の時期は無料で見学できるようで何ともリーズナブル、ぜひこの機会をお見逃しなく。

 

まとめ

 

エビ、イカカニ…と日本人がこよなく愛する海産物が、贅沢に水揚げされる新湊漁港、それらが即販売され、かつ美味しい海鮮料理としても提供されているのが、新湊きっときと市場です。漁港や立山連峰等の眺望を楽しみながら、新鮮魚介を心行くまで味わってください。

http://kittokito-ichiba.co.jp/index.html

 

 

ドライバーも募集してます。

johoku-unso.com

 

 
ツイッターもフォローよろしくお願い致します。

twitter.com

 

f:id:jouhoku_unso:20210323140350p:plain

 

やっぱり最高!黒部ダムの豪快な大放水に感動【富山県】

黒部ダムは、黒部川に造られた日本最大級のアーチ式ドーム型ダムです。

f:id:jouhoku_unso:20210411222014j:plain

そのサイズは、高さ186メートル、長さ492メートル、総貯水量約2億トンを誇ります。

昭和38(1963)年に完成したのですが、一時は開通が絶望視されるほどの難工事だったそうです。

その要因は、80メートルの破砕帯を突破するのに7ヶ月も苦闘したという建設工事の大変さで、「黒部の太陽」という映画の題材にもなりました。

黒部ダム誕生と共に、そこには黒部湖という人口湖ができあがり、現在、湖を行き来する遊覧船で四季折々の黒部の大自然を見学することができます。

 

■黒部の大自然を満喫できる黒部湖遊覧船「ガルベ」

ダム湖満水時には、湖面は標高1448メートルとなり、日本一の高さの場所にクルージングする黒部湖の遊覧船「ガルベ」は80人乗りの大型船です。

f:id:jouhoku_unso:20210411222529j:plain

遊覧船は、立山黒部アルペンルートのケーブルカー「黒部湖駅」から5分ほど歩いた所に乗り場があり、黒部湖の奥の方まで進んでいき、往復11キロを30分間で就航しています。

船尾は、オープン・デッキとなっており、立山連峰後立山連峰、赤牛岳などの高い山々を眺めるのに最適で、山並みを眺めながらおだやかな湖面のクルーズを堪能してみるのはいかがでしょうか。

 

 

■黒部湖見学時には、黒部湖に架かる「カンパ谷吊り橋」も渡ってみよう

カンパ谷吊り橋は、ケーブルカーの「黒部湖駅」から遊覧船乗り場方面に歩き、乗り場の先にある黒部湖に架かる長さ60メートルの吊り橋です。

 

f:id:jouhoku_unso:20210411222540j:plain

カンパ谷吊り橋の先には、遊歩道(御山谷歩道)が続き、山小屋「ロッジくろよん」まで、歩きやすいように整備されています。

鳥のさえずりを聞きながら、新緑の季節には青葉茂る風景と湖、秋になれば赤・橙・黄・緑のグラデーションの森の風景と湖を満喫でき、黒部湖畔を散策するのに最適なルートです。

 

f:id:jouhoku_unso:20210411222608j:plain

 

黒部ダムで遊ぶ

黒部ダムの観光期間は4月中旬から11月30日までとなっており、黒部ダムの全景を一望する標高1508メートル展望台からの眺めは圧巻です。

f:id:jouhoku_unso:20210411222515j:plain

黒部ダムには、黒部ダム駅から階段を60段登り、展望台へ行くには220段登っていきます。

また、黒部ダムの風物詩である観光放水は、6月26日から10月15日の期間で、毎秒10トン以上の水が水煙をあげて放水され、太陽光の当たり具合で虹の架け橋を見ることができます。

黒部ダムレストハウスは、1階に売店や休憩スペースがあり、2階にはレストランもありご当地グルメ「ダムカレー」がおすすめです。

f:id:jouhoku_unso:20210411222554j:plain

地域の店舗がそれぞれ趣向を凝らした「ダムカレー」がありますので、是非ともご賞味ください。

レストハウスの3階には「くろよん記念室」があり、ダム工事について様々な資料展示されていますので、こちらの見学もおすすめです。

 

富山県を愛する運送会社のブログです。

れからもよろしくお願い致します。

いつでも連絡ください。

ドライバーも募集してます。

johoku-unso.com

 

ツイッターもフォローよろしくお願い致します。

twitter.com

 

f:id:jouhoku_unso:20210323140350p:plain

 

おすすめです!!能登半島巡り(和倉温泉から輪島の人気スポットへ)【石川】

石川県に仕事で出かけた際、周辺の観光スポットに行ってみました。

和倉温泉で有名な七尾市、石川県北部の能登半島、変化に富んだ海岸線の風景、農村、漁村の原風景も見られ、豊かな自然が広がる風景を望める旅でした。

 

■1200年の歴史を誇る、湯治の湯「和倉温泉

旅のスタートは、石川県七尾市の「和倉温泉」からです。

和倉温泉は、開湯以来1200年の歴史を誇り、海の温泉が湧き出ている珍しい温泉です。

温泉地は、高級旅館が多く立ち並び、なごやかな雰囲気が漂う温泉街です。

f:id:jouhoku_unso:20210423152725j:plain

「湯の湧きいづる浦」から「湧浦」と呼ばれ、後に「和倉」となったそうです。湧出量は1日約2618t、泉温約90度とかなりの高温で、少し塩辛い湯を飲用すると胃腸病や貧血症、湯に入ると神経痛やリウマチに効能が期待できるそうです。

地元の人に愛される街の温泉「総湯」は、2011年にリニューアルされた和倉温泉唯一の外湯施設で、いわゆる日帰り温泉を楽しむことができます。

また、七尾湾を一望する「妻恋舟(つまこいぶね)の湯」は、和倉温泉公園「湯っ足りパーク」の中にある無料で足湯を楽しめる施設です。

f:id:jouhoku_unso:20210423152710j:plain

和倉の100%温泉に、足をひたして全身も温めながら絶景を満喫しましょう。

 

■棚田百選の「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」

和倉温泉から、車で1時間ほど走ると輪島市に到着し、引き続き広がる海を左手にしながら車を走らせると、およそ30分弱で輪島市白米町にある絶景スポットの棚田「白米千枚田」に到着です。

f:id:jouhoku_unso:20210423152802j:plain

白米千枚田は、小さな田が段々に重なり海岸へと続く絶景で、日本の棚田百選、国指定文化財名勝に指定されており、能登里山・里海の代名詞といわれる観光スポットとして親しまれています。

白米千枚田では、毎年4月末から水が棚田に引かれ、5月の初旬に田植えが始まり、夏には稲の穂全体の緑色と海の青色の美しいコントラストや夕日に映える絶景の棚田になります。

 

聖域の岬と呼ばれる「珠洲岬(すずみさき)」周辺

珠洲岬は、気流、暖流、海流の融合する場所で、自然界のパワーが集結し宿るとも言われています。

岬にある展望台のスカイバードは、崖から9.5メートル突き出た展望台で、その

の眺めはスリル満点の絶景が望めます。

f:id:jouhoku_unso:20210423153441j:plain

聖域の岬には、遊歩道が整備されていて、歩いていくと日本海の波が造り出した洞窟「青の洞窟」があります。

青く澄みきった美しい日本海を眺めながら、ゆっくり散策してみると心が落ち着き癒されていきます。

f:id:jouhoku_unso:20210423152740j:plain

また、展望台眼下にある「よしが浦温泉『ランプの宿』」で、日本海の絶景を眺めな温泉に入りのんびりと過ごし、リフレッシュされるのもおすすめです。

 

 

富山県を愛する運送会社のブログです。
これからもよろしくお願い致します。
いつでも連絡ください。
ドライバーも募集してます。

johoku-unso.com


ツイッターもフォローよろしくお願い致します。

twitter.com

 

f:id:jouhoku_unso:20210323140350p:plain

 

黒い!ステンレス皿!フォーク!金沢ご当地カレーは個性の結晶

金沢カレー

という言葉を聞いたことがある方は多いかもしれませんが、金沢カレー金沢市で多く提供されている、ある共通した特徴を持ったカレージャンルのことです。最近では首都圏でも金沢カレーの店が増えて、その知名度が全国区になりつつある予感…。

先日はせっかく金沢に立ち寄ったので、金沢カレーの発祥?とされるお店もトライしてみました。

f:id:jouhoku_unso:20210224153127j:plain

 

 

鉄板!金沢カレーの特徴とは

 

銀の舟型ステンレス皿に盛られたご飯の上に、色のやや黒っぽいドロッとしたルーが全面を覆い、付け合わせに千切りキャベツ、それらをフォークを使って食べるというのが金沢カレーの特徴です。さらに定番のトッピングは程良くソースのかかったトンカツ。

提供する店舗によってそれぞれ個性はありますが、上記の特徴はどの店舗でもほぼ共通しています。食べ慣れた人からすると、一目見ただけで、ホッとして食欲がますます湧いてくるのではないでしょうか。

 

本場の金沢カレー、どんな店がある?

 

実にたくさんの店舗があるのですが、有名どころを挙げると、まずはカレーのチャンピオンゴーゴーカレー金沢カレーを掲げるお店の2大勢力です。ゴーゴーカレーに関しては、東京で第1号店を出店し、東京と石川で並行して店舗数を伸ばしてきた経緯があります。そして、海外にも多数出店しているようですね。

カレーのチャンピオン(カレチャン)は「洋食タナカ」をルーツとし、金沢を中心に地元の人々に長年親しまれてきました。最近では、フランチャイズで他県にも出店しているようです。

 

さらに、1971年創業のターバンカレーというお店があり、現存している中では最も古い金沢カレーの店という説が有力です。

実際その本店に行ってみましたが、こじんまりとした店内は、長年地元民に愛されてきた飾らない歴史と拘りを感じさせてくれます。カレーの方も金沢カレーの特徴をさらに2割増ししたような、従来の味を大切に守り続けてきた芯の強さというものをその味わいから感じられます。

www.turbancurry.com

 

きっと癖になりますから♪

 

金沢カレーは好き嫌いを決め付ける前に、2~3回は試してほしいと個人的に感じます。見た目がけっこうボリューミーなため視覚的先入観に囚われやすいかもしれません。金沢カレーのルーは味わって食べるとかなり深みのある味わいがするんです。さらにベースのご飯の炊き方も、ルーとの相性を考えての拘りが感じられます。意外に繊細な側面があるんですよ。

 

まとめ

 

石川県はカレーの消費量が特に多いと言われています。そうした土地で独自の進化を遂げてきたのが金沢カレー、ぜひ現地で味わってみてください。

 

富山県を愛する運送会社のブログです。

これからもよろしくお願い致します。

 

いつでも連絡ください。

ドライバーも募集してます。

 

johoku-unso.com

 

ツイッターもフォローよろしくお願い致します。

twitter.com

 

f:id:jouhoku_unso:20210323140320p:plain

 

清津峡渓谷トンネル、龍ケ窪の池【新潟】

新潟に仕事で出かけた際に、

日本三大渓谷の名水百選の池

に寄ってみました。

 

雄大清津峡の大自然を観賞するトンネル

清津峡渓谷を見渡す「清津峡渓谷トンネル」は、トンネルの入り口が4~5メートル、横幅3メートル弱のサイズで、全長およそ750メートルもあります。トンネル内は、真夏でも気温は14~15度程度とかなりひんやりとしていて、コンクリート壁の薄明りの照明がトンネル内を照らしています。

f:id:jouhoku_unso:20210423153901j:plain

日本三大渓谷の一つとして有名な清津峡渓谷の景観は、トンネル内の3ヶ所の見晴所とトンネルの終点となるパノラマステーションから眺めることができます。

第1見晴所からは、巨大な岩壁と清津川の流れる絶景、

f:id:jouhoku_unso:20210423153853j:plain

第3見晴所には銀色の小型宇宙船のような不思議なドーム型の物体が設置されています。

f:id:jouhoku_unso:20210423153909j:plain

このドームは、実はトンネル内に設置されたトイレですが、トンネル内に広がるアートの世界観がトイレのデザインまで変えてしまっているのです。

風景として、特におすすめは、終点のパノラマステーションからの眺めで、峡谷の景色を水鏡で反転させた幻想的な景観美を見ることができます。

f:id:jouhoku_unso:20210423153840j:plain

春や初夏には、鮮やかな色の新緑の世界と澄み切った清流、秋には鮮やかな紅葉、冬には水墨画のような冬景色に遭遇することができます。

 

■良質な湧水の池「龍ケ窪の池」

清津峡渓谷から、車で40分ほど離れた位置にある自然に囲まれた龍ケ窪(りゅうがくぼ)池は、新潟県中魚沼郡津南町谷内の標高450メートルにあります。池の形状は、南西から北東方向に長形220メートル、短形70メートル、水深1.5メートル~2メートル、面積およそ12ヘクタールです。

池の水の湧出量は、毎分30トンで1日およそ43,000トンも湧き出ており、その規模は1日1回池全体の水が入れ替わるほどと言われています。f:id:jouhoku_unso:20210423154619j:plain

池周辺に河川は無く、ブナやスギで覆われた自然環境の中、龍ケ窪池の湧水は飲料水として良質な水ということで「全国名水百選」に選ばれています。

新潟は、水が豊富で米どころ、酒どころとして有名であり、名水と呼ばれる湧き水を飲むことができる場所も多く点在していますが、その中でも龍ケ窪の湧水はとても人気のある水であり、ミネラル分が適度に含まれた塩素が少ない、極めて良質な軟水です。

f:id:jouhoku_unso:20210423154611j:plain

美しい景色と幻想的な雰囲気のある龍ヶ窪池には、数々の龍神伝説が残っており、弁天様が祀られており、エメラルド色をした池の佇まいは神秘的であり、毎年7月に祭礼が行われている神聖な池です。

 

富山県を愛する運送会社のブログです。
これからもよろしくお願い致します。
いつでも連絡ください。
ドライバーも募集してます。

johoku-unso.com


ツイッターもフォローよろしくお願い致します。

twitter.com

 

f:id:jouhoku_unso:20210323140350p:plain

 

伝説が残る鉾島とレトロな景観残る三国町【福井】

福井県坂井市三国町に仕事で出かけた際、

三国の町と近くの観光スポット「鉾島」を散策してみました。

 

■柱状節理の島「鉾島(ほこじま)」

鉾島は柱状節理の岩できており、その柱状がまるで鉾を並べたように見えることから名づけられたそうです。

f:id:jouhoku_unso:20210411220410j:plain

なんと、その岩はおよそ1400万年前に噴出した溶岩が冷えて固まったものだそうです。

鉾島は、駐車場から鉾島神社の鳥居をくぐり、陸から少し離れた岩の島です。

周囲80メートル、高さ50メートルの島で、頂上まで狭い石段の路が整備されており、足元に注意しながら歩いていくと眼前には絶景が広がっていきます。

頂上には、小さな祠があり不動明王さまのお告げにより祠をつくり、不動明王様を祀ったという言い伝えがあります。

f:id:jouhoku_unso:20210411220420j:plain

その言い伝えとは、昔、この地の漁村に村一番の働き者の青年がいて、ある日漁に出て網をあげたところ、不動明王の像も網と共に上がったそうです。

青年は、その日家に持ち帰り飾ると、不動明王が夢枕に現れそのお告げを聞き、小さな祠を作って不動明王を祀ったそうです。

それ以来、村の漁師が漁に出ている間は、嵐や荒波が止み常に大漁となったというお話です。

鉾島の断崖を歩きながら、日本海の荒波を見ていると押し寄せる波の様子が、その言い伝えをまことしやかに感じさせてくれる雄大さがあります。

夕刻になると、鉾島は日本海に沈む夕日を背景に神々しく見えてきますので、夕刻前に散策しての写真撮影などもおすすめです。

 

■良質な漁場「三国町(みくにちょう)」は、歴史ある港町

鉾島近くの坂井市三国町は、福井県の北西部に位置しており、甘エビの底引き網漁、ズワイガニ漁、海岸付近の岩場では、若芽、鮑、栄螺、海胆などの素潜り漁が盛んです。

また、三国町は、古来より水運による物流の拠点として栄え、戦国時代の地域の武将である朝倉氏以降に福井を治めた柴田勝家も、水運を重視し荷揚げ用の港を設けました。

f:id:jouhoku_unso:20210411220432j:plain

江戸中期になると、北前船交易が始まり海運で関西から瀬戸内、山陰、東北、北海道から集まる物品の物流の拠点地として賑わいを見せ、廻船問屋や様々な物品販売の店舗が軒を並べるようになり、三国の町は大きく発展していきました。

現在でも、港周辺には格子戸が連なる町家や歴史的建造物など、歴史を感じる情緒ある町並みが残っています。

 

その代表的な建物が旧森田銀行本店で、明治中期まで廻船業を営んでいた森田家が次第に衰退するであろう海運業から金融業へと転換し、銀行を設立し事業の発展をより一層のものにしました。

1920(大正9)年に新本店として建てられた銀行の外観は、西洋風デザインを取り入れました。

f:id:jouhoku_unso:20210411220447j:plain

この建物は、森田銀行と合併した福井銀行が支店として、近年まで営業利用をしていました。

現在は、有形文化財に登録されており、館内は無料で見学が可能です。

 

富山県を愛する運送会社のブログです。

これからもよろしくお願い致します。

いつでも連絡ください。

ドライバーも募集してます。

johoku-unso.com

 

ツイッターもフォローよろしくお願い致します。

twitter.com

 

f:id:jouhoku_unso:20210323140350p:plain

 

 

名作サッカー漫画の続編で、本田圭佑も原案協力!「ファンタジスタ ステラ」を読もう!

今日は、以前私が休みの日にふと思い出し、本棚が引っ張り出しては一気読みしてしまったサッカー漫画

ファンタジスタの8年ぶりの続編

ファンタジスタ ステラ

についてご紹介します!

f:id:jouhoku_unso:20210215161657j:plain

ファンタジスタ ステラ」って?

 

ファンタジスタ ステラ」は、1999年から2004年に週刊少年サンデーで連載されていて人気サッカー漫画「ファンタジスタ」の続編で、2012年から2015年まで同じく週刊少年サンデーで連載された、草場道輝によって描かれたサッカー漫画です。単行本も14巻まで発売されています。

本作は、草場の描く漫画のファンであるというサッカー選手の本田圭佑が原案協力を行い、漫画内にも主人公の轍平に並ぶ主要人物として登場しています。

f:id:jouhoku_unso:20210215161708j:plain

 

南アフリカワールドカップでの屈辱から日本代表の改革、そしてブラジルワールドカップ

 

「閃きや創造性のあるプレーで観客を魅了するスーパースター級の選手」という意味を持つイタリア語である「ファンタジスタ」と呼ばれる主人公の坂本轍平、前作で描かれ高校サッカーや日本ユース代表としてのオリンピックにも登場した森川や沖田、近藤や西郷などのおなじみのメンバーに加え、本田圭佑。彼らは日本代表として2010年の南アフリカワールドカップを迎えますが、決勝トーナメント1回戦(ベスト16)で敗退してしまいます。

 

彼らは次回のブラジルワールドカップでは優勝するという目標を胸に抱き、それぞれの所属するクラブでのレベルアップを誓っていた。そんな中、日本代表の新監督である元イタリア代表のカルロ・グロッソが連れてきたのは、大久保塁やリカルド杉山、由利速人などの10代の無名選手たちでした。

ですが、練習試合などを重ねるにつれて轍平や本田らベテラン組とうまく融合し始め、特に大久保は、ピッチでは共存できないと考えられていた轍平と本田を共存させることに挑戦し始めます。

 

 

f:id:jouhoku_unso:20210215161715j:plain


そしてついに始まるブラジルワールドカップ。日本代表はアフリカの難敵・ナイジェリア代表や、轍平のクラブチームでのチームメイトである驚異的なプレイヤー、クローノス・ロナウド擁するポルトガル代表に加え、轍平の前作からのライバルであるマルコ・クオーレ擁する、前作から何かと縁のある日本代表のライバル・イタリア代表とグループステージで同組になってしまいます。

はたして轍平と本田は大久保を介してピッチの中で共存することが出来るのか!?4年前に誓った優勝を成し遂げることは出来るのか!?

 

選手たちの喜びに加え、苦悩や葛藤も描いたリアルなサッカー漫画である本作は、サッカーをやったことがない人でもわかりやすく、楽しく読むことが出来ると思います!より本作を楽しむことも出来るため、先に前作の「ファンタジスタ」を読むのもおすすめです! 

 

 

そんな「ファンタジスタ ステラ」が気になった方は、ぜひ読んでみてください!→

https://www.amazon.co.jp/dp/B00GXX4VYE/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 

 

富山県を愛する運送会社のブログです。

これからもよろしくお願い致します。

 

いつでも連絡ください。

ドライバーも募集してます。

johoku-unso.com

 

ツイッターもフォローよろしくお願い致します。

 

twitter.com

 

f:id:jouhoku_unso:20210323140350p:plain